家庭用脱毛器比較マップ

家庭用脱毛器を徹底比較!オススメの脱毛器はコレだ

効果

家庭用脱毛器利用の注意点

投稿日:

無駄毛処理の際に対象部位を冷やすメリット

無駄毛の処理は多くの方法で肌に強い痛みが生じます。
脱毛の際、無駄毛が伸びている毛穴の周囲が引っ張られるのが主な原因です。また、レーザーに似た光で無駄毛の毛根を弱らせる家庭用の脱毛器を使用した場合、毛穴の底まで刺激が伝わることから同様の痛みが発生します。

痛みを減らすには冷やすのが効果的

痛みを減らすためには対象の部位を予め冷やし、感覚を鈍らせるのが効果的です。氷や保冷剤などの冷たい物を当てることで感覚を鈍らせる効果が得られる他、血液の流れも悪くなるので刺激に伴う炎症が生じにくい利点もあります。
家庭で普通に使用されている保冷材で十分に冷やすことが出来るので、痛みの少ない脱毛を手軽に行うことが可能です。

肌の色が濃い部分への脱毛処理を避ける理由

家庭用の脱毛器は手軽に無駄毛処理が出来る利便性の高さが魅力ですが、その一方でホクロやシミなど、肌の色が濃くなっている部分には不向きです。

脱毛器は医療用レーザーに似た性質を持つ光の照射で無駄毛の毛根を弱らせ、スムーズに脱毛を行う機器です。
脱毛用の光は皮膚上のメラニン色素に対して強く反応する性質があります。メラニン色素が集まって形成されているホクロやシミに脱毛器の光を当てると過剰な反応を引き起こし、強い痛みを伴う火傷が生じるので避けるのが賢明です。また、痛みを感じなくても炎症を引き起こして腫れ上がる可能性があります。

脱毛器による無駄毛処理を綺麗に仕上げるための工夫

家庭用脱毛器の光はメラニン色素に反応することから、毛穴の内部にある毛根を効率的に処理出来ます。
その一方で表皮に露出している無駄毛にも反応してしまうので、長い無駄毛があると光が拡散して綺麗な処理が出来ません。そのため、予め無駄毛を処理して、毛穴に光が当たるように準備をすることが大切です。また、脱毛器による無駄毛処理を受けた直後の肌は光による刺激で弱っているため、日光などの紫外線を受けるとシミが出来やすくなります。

美肌を保つためには無駄毛処理を行った後にスキンケア用の化粧水などを塗布して刺激を緩和させるのが効果的です。

-効果

Copyright© 家庭用脱毛器比較マップ , 2018 All Rights Reserved.