家庭用脱毛器比較マップ

家庭用脱毛器を徹底比較!オススメの脱毛器はコレだ

効果

家庭用脱毛器のリスク

投稿日:

脱毛器使用のリスク
脱毛器は、エステやクリニックなどで行われているのと同じ原理でムダ毛が処理できる家庭用美容機器です。
光のエネルギーを利用して毛の再生能力をなくすという特徴があります。
ムダ毛の気になる部位に脱毛器を当てて光を照射すると、毛根やその周辺にある発毛組織に吸収され、熱が溜まります。
その熱によって組織が変質することで、脱毛を行います。
この光はIPLと呼ばれる白色ランプ光が使われることが多いですが、レーザー光を使った製品もあります。
どちらの場合もプロ用の機器と基本的な仕組みは同じですが、誰でも扱えるように出力は調整されています。
そのため安全性は高く、安心して使用することができます。

使い方に注意が必要

ただ、効果の実現をあせって無理な使い方をしたりすると、やけどなどのトラブルを引き起こすおそれがあるので注意が必要です。また、使用直後は肌が傷みやすい状態になっているため、日焼けや熱いお風呂などは炎症の原因になる可能性があります。使用後は保湿クリームを塗るなどして、肌を十分にいたわる必要があります。

正しい使い方でトラブルを避ける

脱毛器には、使用が推奨されていない部位というものがあります。
具体的には、目の周り、唇、VIOラインと呼ばれる陰部周辺のデリケートゾーンなどです。

このうち目の周りについては、脱毛器から照射される光が目を傷つけてしまうおそれがあるため、使用がNGとなっています。また、脱毛器の光は毛に含まれるメラニン色素に反応する性質を持っているため、地肌よりも色素の濃い唇に使用するのは危険です。同様に、日焼け直後の肌にも使えません。

一方、VIOラインは身体の中でも特に敏感なため、処理時の痛みが強いというのが使用NGの主な理由です。もちろん、万が一陰部に傷がつくといけないという点も考慮されています。

ただ、出力を細かく調整できるタイプの中には、推奨されている使い方を守る限りにおいてはVIOラインへの使用もOKという製品があります。いずれにしても、トラブルを避けるにはそれぞれの製品に添付されている取扱説明書をよく読み、正しく使用することが非常に大切です。

-効果

Copyright© 家庭用脱毛器比較マップ , 2018 All Rights Reserved.