家庭用脱毛器比較マップ

家庭用脱毛器を徹底比較!オススメの脱毛器はコレだ

効果

脱毛効果を早く出すために

投稿日:

効果的な脱毛器利用
脱毛器を使用し、効率的に脱毛を行うためには照射前、照射中、照射後それぞれにポイントがあります。

照射前では事前処理が重要です。

適切な事前処理を行うことで脱毛の効率が上がり、痛みを減らし肌トラブルを防ぐことができます。
具体的に直前の日焼けやシェービングを避けることが大事です。
日焼けをすると、肌が敏感になっていて脱毛器の照射で炎症など肌トラブルを起こします。また照射は黒い部分に反応するため、肌が黒いと照射効率が悪くなり脱毛効果は低下します。シェービングも同様に肌が敏感になるため避けてください。また、表皮上に毛がないと脱毛器の効果は低下します。

照射レベルを調整

照射前後には肌を冷やし、痛みと赤み、炎症が出るのを抑えることで肌へのダメージを低下させることが重要です。また、照射レベルは低いほうから徐々に行うと、肌トラブルが起こらず結果的に脱毛効果を早く実感できます。最初は弱い照射で行い、段階を踏むと安全です。

照射後には肌の手入れを入念に行い肌をケアすることで、毛周期に合わせた次の脱毛の準備を整えることが大事です。
そのために、照射後24時間は体温を上げない、紫外線を避ける、丁寧に保湿することが必要です。
このようにして、トラブルなく2週間周期で照射ができるようにすると結果的に早く脱毛効果を体感できます。

毛周期を考えよう

毛周期とは体毛が生え変わるサイクルのことで、この毛周期は部位により異なります。

その理由は体毛の伸びる速さ、抜けかわるまでの期間が部位によって差があるからです。この毛周期を把握し、その周期に合わせて脱毛を行うとその効果を最大限に引き出すことができます。一度照射を行った後に、新しいムダ毛が成長するまでの最適な期間は2週間なので、脱毛器の照射は2週間ごとに行うのが理想的です。また、目に見えている肌表面の毛は全体の約3割で残りは皮膚の中で育っています。
その7割の毛を照射するためにも2週間おきの照射を繰り返す必要があります。その結果、皮膚の中のムダ毛が減り脱毛効果の実感につながります。

このように、効率的に脱毛を進めるには肌を清潔に保ち、1回の照射強度は低くても継続して周期的に照射を行うことが重要です。

 

-効果

Copyright© 家庭用脱毛器比較マップ , 2018 All Rights Reserved.