家庭用脱毛器比較マップ

家庭用脱毛器を徹底比較!オススメの脱毛器はコレだ

効果

家庭用脱毛は顔に使える!?

投稿日:

顔

家庭用脱毛器には様々な種類があり、その中には顔に使用できないものもありますので、購入する際は顔に使えるかどうかしっかり確認する必要があります。目的部位に使えないものをその部位に使ってしまった場合、肌トラブルなどを引き起こす可能性がありますので注意してください。
また、顔に使える家庭用脱毛器であっても目の周りに使用することはできません。なぜなら、目の周りの皮膚は薄く大変デリケートですので、少しの刺激で肌トラブルが起こる可能性が高いからです。それだけでなく、家庭用脱毛器は特殊な光を照射して毛にダメージを与えて再生する力をだんだんと弱めていくものが主流ですが、その光は皮膚のメラニン色素だけに反応するので、まつ毛や眼球の黒目の部分に反応してしまうととても危険です。

このような理由から、脱毛器を使う時は目の周りから余裕をもって離し、できれば鼻から下の部分にのみ使うことが推奨されています。さらに、サングラスなどで目を保護し、光を照射する瞬間に目を閉じるなどの対策も合わせて行うと良いでしょう。

家庭用脱毛器を顔に使う時に注意点は?

家庭用脱毛器を顔に使う時に、ほくろや濃いシミがある場合は注意が必要です。
前述したように、脱毛器の光はメラニンに反応しますので、それがほくろや濃いシミには過剰に反応する恐れがあります。気を付けないと炎症ややけどなどのトラブルが起こってしまいます。
しかし、それらをカバーすることで安全に家庭用脱毛器を使うことができます。ほくろやシミをカバーするにはサージカルテープなどの医療用のものがおすすめです。
サージカルテープはかぶれにくい素材で出来ていますので、肌に安心して使うことができます。

色素に反応させないためには、なるべく白いものを使うようにしてください。白いものでしたら絆創膏でも同じ効果があります。そして、顔に脱毛器を使用する時の注意点として、いきなり強いレベルで照射せず、まずは最小のレベルから徐々に上げていき、自分の肌に合ったレベルを見つけていくようにしてください。

また、男性の髭の場合、毛が太いのでそのぶん光が集中し、痛みが強く出ることが多いです。

-効果

Copyright© 家庭用脱毛器比較マップ , 2018 All Rights Reserved.