家庭用脱毛器比較マップ

家庭用脱毛器を徹底比較!オススメの脱毛器はコレだ

家庭用脱毛器ってどんなもの?

家庭用脱毛器の原理はプロの使うマシンと同じ

ムダ毛の処理に関するインターネットの情報サイトや雑誌の記事などに、たびたび紹介されているのが家庭用脱毛器です。

費用が安い、いつでも好きな時に使えるなどの評価があるこの家庭用脱毛器ですが、そもそもどんな製品かというと、エステやクリニックで行われているのと同じ原理で脱毛処理ができる美容機器です。
ただし、家庭でも安全に使えるよう、パワーなどは調整されています。

エステでは一般にフラッシュ脱毛と呼ばれる脱毛方式が用いられていますが、ケノンやヤーマンといった家庭用脱毛器はこの原理を採用しています。一方、トリアという製品は、クリニックでよく行われているレーザー脱毛を原理としています。

脱毛器にはタイプがある

家庭用脱毛器の脱毛方法には3つのタイプが有ります。

擬似レーザーを用いる「レーザータイプ」、フラッシュを用いた「フラッシュ光タイプ」、熱で焼く「サーミコン方式タイプ」の3つです。
レーザータイプのものが一番パワーがありクリニックでのレーザー脱毛に一番近い効果がある反面、クリニックでの脱毛と同程度の痛みを伴うという意見があります。
フラッシュ光タイプの脱毛器は、レーザータイプのものと同程度の除毛効果を得ることが出来ると言われています。

しかし、レーザータイプよりもパワーが小さい為、それなりに時間をかける必要があるでしょう。照射範囲が擬似レーザーよりも広い為、コストパフォーマンスは良いといえるでしょう。

サーミコン方式タイプは、熱エネルギーによってムダ毛を焼いてしまう方式ですので、他の2つに比べるとパワーが小さいのが特徴です。高い効果は見込めませんが、その分コストが低く抑えられると言えるでしょう。

脱毛サロンは抵抗がある…そんな時は家庭用脱毛器がおすすめ

今や脱毛するのは当たり前の時代になっています。
電車に乗れば脱毛サロンの広告が目に入ってきます。かなり格安で脱毛できる広告になっていますが、それは1箇所限定であったり、お試し価格であったりします。実際にいろんな箇所を脱毛しようと考えれば脱毛サロンだとそれなりの費用がかかってきます。

こんな方におすすめ

  • 脱毛サロンは高くて通えない
  • そもそも脱毛サロンへ通うのに抵抗ある

気になる毛の部分をどうにかしたいと思っても、お金が問題だったり、男性だと脱毛サロンへの抵抗があるという方も多いようです。
やはり脱毛は女性が行うものというイメージがあるので恥ずかしさを感じる、女性スタッフに脱毛してもらうのは嫌などの理由があります。また店内で知り合いに合う可能性を考えてためらう人もいるでしょう。

脱毛サロンに通う時間がない人でも自分の都合の良い時間に自分のペースで脱毛をすることができます。
やり残した部位があったり、ここを重点的にやりたいという箇所があったりしても、後から何度もやり直すことができるので便利ですよね。また、経済的な負担も脱毛サロンに比べて少ないというメリットもあります。

広範囲の毛を処理できるフラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛とは、フラッシュの光を肌に照射し、その光の持つ熱エネルギーで毛組織にダメージを与えることによってムダ毛を処理するというものです。ダメージを受けた毛は、数日から数週間程度で抜け落ちます。

このフラッシュ光は、照射されると光源から広がっていくという特徴があります。そのため、フラッシュ式脱毛器は一度に広範囲の毛を処理できるというのがメリットです。

一方、デメリットもあります。フラッシュ式脱毛器のフラッシュは、昔のフィルムカメラに使われていたフラッシュと同様、消耗品です。そのため、定期的にカートリッジの交換が必要になり、その分費用がかかります。

パワーが特徴のレーザー脱毛

レーザー脱毛は、光のエネルギーで毛組織にダメージを与えるという点ではフラッシュ脱毛と同じ原理を採用しています。異なるのは、使っているのがレーザー光だという点です。

レーザー光は照射されても拡散せずにまっすぐ進むため、狭い場所にエネルギーを集中させることができます。一度に処理できる範囲は小さくなりますが、その分パワーが強力になり、処理能力が高いというメリットがあります。

その反面、パワーが強い分痛みも強く感じやすいというのがデメリットです。そのため、人によっては保冷剤などで肌を冷やしながら処理を行うという方法をとっています。

Copyright© 家庭用脱毛器比較マップ , 2018 All Rights Reserved.